スポンサーサイト

(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

No title

By コサ(Wed)URL

被写体はいっぱいあって楽しそう~♪
ニャンコの耳からお香の煙が出てくるんですね。

1枚目や後半のアンダー露出がいいですね。
私はハイキー調なので、とても魅力的に感じます。
70-200mmの1本勝負ですか?

Re: No title

By かげだん(Wed)URL

>コサさんへ
絵になるところはホント沢山あって、面白いんですが
何せ観光客が凄くて!スナップには良いと思うのですが、
ゆっくり撮影出来るのは朝早くと晩遅くしか無いのが残念です。
それはそれで良い雰囲気が出ると思うので、一度挑戦してみたいです。

猫の香炉は、空気が出るなら鼻じゃない!?なんて思いましたが、
それでは風情がないもんね(笑)

私はやっぱり色乗りを選んでしまいます。
たまにコサさんの真似をしてハイキーに仕上げてみているのですが、
そのうち被写体によって似合う方を自然と考えられるようになりたいです。

背中には沢山のレンズが収まっていたのですが(爆)
人が多いのでついつい切り撮る画角が使いやすく、70-200しか使いませんでした。
フルサイズだとちょうど良い焦点距離なんですよね。

No title

By Tetsu(Fri)URL

いやぁ、どれも雰囲気があっていい感じですねぇ。

僕はどちらかと言うとローキー派なのでこう言う写真は大好きです(^^)/

>背中には沢山のレンズが…

この前、雑賀崎でコサさんにお会いした時もリュックサックで来られてましたが、みなさんリュック派ですか?

僕はタムラックのModel 614 Super Pro って言うショルダータイプがメインなんです。
近場にちょろっとの場合は、カメラに24-70mmサイズを付けてちょうどの小さいバックも使ってますがこれもショルダータイプです。

例えば竹田城とかに登る時はやっぱりリュックがいいですよね?

リュックは全然気に掛けたことがなかったのですが、おすすめとかってありますか?(^^)

Re: No title

By かげだん(Fri)URL

>Tetsuさんへ
やっぱり京都、雰囲気はとっても良くって助けられています。
もう少し考えながらの撮影をした方が良いのかも・・・。
その場その場でパシャパシャ撮って、次の場所へと移動していたのですが、
改めて見るともう少し時間をかけて撮影しても良いのかなぁとおもいます。

私も初めはショルダーが良いのかと思っていたのですが、
滝の撮影で山道を歩いた時に、撫で肩なのもあり鞄がずれちゃって歩き辛かったので
リュックタイプにしました。購入時は便利そうなのもあり、コサさんと同じ鞄にしました。
コサさんはRACさんという方に勧められて買ったそうです。
立ったまま楽にカメラやレンズを出し入れ出来るので、かなり気に入っています。
ロープロのフリップサイド400AWというモデルです。
お持ちのタムラックより容量は落ちると思いますが、
コサさんがいつも持ち歩いているので、このサイズである程度のレンズは持ち歩けるのでは無いでしょうか。

竹田城だったら、なんとかショルダータイプでも大丈夫かも。
途中までは舗装されている坂道なんで・・・でも、その後の急な山道はちょっとしんどいかなぁ。

車を降りてからある程度歩くような被写体を今後も撮影されるのでしたら
リュックの購入も考えて良いのかな。

No title

By Tetsu(Sun)URL

ありがとうございます。

フリップサイド400AW、調べてみました。
カメラには70-200を付けて、17-35/24-70/100MACRO/EXTENDERなど、僕の機材であれば十分収納出来そうですね。

早速明日仕事の後でヨドバシに見に行ってみようと思います(^-^)/在庫してたらいいんですが…

ありがとうございます。
参考にさせていただきます!

友ヶ島の時や大文字焼きの時などの、結構歩く時でもショルダーで行ってましたので、リュックタイプにも興味がありました。

Re: No title

By かげだん(Mon)URL

>Tetsuさんへ
行動力あるTetsuさんらしい。もうヨドバシで見ているとは思いますが、
持ち出す機材に対してちょうど良い大きさかなぁって私も思っています。
これ以上大きいと、ついつい使わなさそうな機材も詰め込みそうで(笑)

夏場は背中がかなり蒸れるので、その点はマイナスポイントですが、
歩きやすいので気に入っていま~す。

Leave a comment


管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。