再び昇るために

(Thu)

再び昇るために

この日はコサさんと先日見つけたポイントへ夕焼けを撮りに行ってきました。
道中時折雲が薄くなった箇所もあったのですが、雨がぱらついたりと予報とはかけ離れた天気、
夕方前ぐらいから雲が無くなるはずだったのに。( ̄ヘ ̄;)ウーン
それでも到着してみると、波が荒くコレはコレで楽しめそうな雰囲気!
厚い雲と水平線の間はオレンジに変わってきていました。
波飛沫が舞う瞬間を撮影するか、長時間露光で海面が霞む様を撮るかで悩んだのですが、
SSを稼がないといけない波飛沫から撮影しました。

二つの色彩

海が拡がる刻

霞のように

染まる飛沫

荒ぶる波に

夕焼けや星空を期待して和歌山に訪れることが多い所為か、このように波飛沫が舞うような海を見ることはありません。
波が岩にぶつかり飛沫が舞い、岩に乗った海水が流れ落ちる様を夢中で連写していました。
結局この日は800枚以上を撮影。久しぶりに枚数を稼いだ一日でした(笑)
そのあとはせっかく波が高いので、長時間露光で海面を霞んだよう描写に。
やっぱり、こういう感じのイメージは大好き。出来れば薄暮の時間帯でもしてみたいな。
そうこうしている内に、気がつけば雲の下から夕日が覗いているではないですか!!
もっと長時間露光で撮影したかったんですが、波飛沫と夕日も捨てがたい。
ここでもどちらにするかで悩んで、波飛沫と夕日の撮影に。
おかげで波飛沫が夕日に染まる様を撮ることが出来たので、こっちで正解だったと思いましょう(笑)
変わらず、雨がぱらついたり、満潮時間が近づいてきて岩場が海面に沈んできたので
この辺りで終了し、撤収することにしました。

そのまま白浜に移動して食事をしながら写真談義。
短い時間の割に、充実感があった撮影をお喋りでした。
コサさん、毎度付き合ってくれてありがとう!またご一緒してくださいね!!


関連記事